腰の痛みと寝る姿勢の関係について、お話します。 寝ている時の姿勢は、腰の痛みと大いに関係があります。 人生の3分の1くらいは寝ているわけですから、その姿勢が腰に負担をかけるような姿勢だとしたら、腰に良いわけがありません。 例えば、仰向けになって脚をまっすぐに伸ばすと、腰の筋肉が引っ張られて緊張した状態になります。 この状態は腰椎が圧迫されるため、長時間続けると痛みが出ることもあるでしょう。 腰痛がある人にとっては、とるのが辛い姿勢の一つでもあります。 そこで、股関節と膝を曲げて寝てみてください。 そうすれば、腰の筋肉が緩みますので、腰椎の負担が軽くなり、圧迫されている状態から解放され、楽になるはずです。 また、寝具も大切になってきますから、腰に良いと言われているマットレスやベッドを選んで、できるだけ腰に負担をかけないように心がけてください。 寝具選びは、とても難しいものです。 布団の場合、硬い物は良くありませんが、ふかふかの布団も問題があります。 適度な硬さがあると良いとされていますが、その判断が難しいでしょう。 寝具売り場などで店員さんに相談してみるといいかもしれませんね。